アクセス解析
Windowsネット CFW3.60 M33導入(PSP-2000用)
Windowsのソフトやゲーム機器を活用できる方法をご紹介♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CFW3.60 M33導入(PSP-2000用)

今回は、PSP-2000(新型)用の「CFW 3.60 M33 for Slim」導入してみようと思います。(´・ω・`)
m33.png

※機能は今までリリースされてきたM33シリーズののCFWとほとんど同じですが、「1.50カーネル」が搭載されていません。
※PSP-2000(新型)用なので、PSP-1000(旧型)には対応していません。

~用意するもの~
・PSP-2000(新型)
・CFW導入済みのPSP
M33 PSP Slim Custom Firmware 3.60
Pandora's Battery
FW3.40 のアップデータ(EBOOT.PBP)
FW3.50 のアップデータ(EBOOT.PBP)

~PSP-2000用CFWを作成~

手順1 「Magic Memory Stick」と「JigKick Battery」(Pandora's Battery)を作成して、CFWのPSPに「Magic Memory Stick」を装着してください。

手順2 「M33 PSP Slim Custom Firmware 3.60」をダウンロードして、展開してください。
中に入っている、
「pandora_slim」フォルダと「pandora_slim%」フォルダ をPSPの「GAME150」フォルダ(ms0://PSP/GAME150)に転送します。
game150.jpg

手順3 FW3.40とFW3.50のアップデータ「EBOOT.PBP」をそれぞれ、「340.PBP」「350.PBP」にリネームして、「pandora_slim」フォルダ(ms0://PSP/GAME150/pandora_slim)に転送してください。
game150.jpg
ebootpbp.jpg

手順4 PSPを立ち上げて、XMB(クロスメディアバー)のゲーム項目の「メモリースティック」から「Pandora Ext. for Slim 3.60 M33 Installer」を選択して起動します。

手順5 起動したら、「Done.」とでたら完了です。


~CFW 3.60 M33 for Slim導入~

手順1 「Magic Memory Stick」を抜いて、「PSP-2000」へ装着してください。

手順2 「JigKick Battery」(Pandora's Battery)を「PSP-2000」に装着すると、画面は暗いままですが電源が入ります。

手順3 ※画面が暗いまま作業するので注意。
「×ボタン」を押すと、CFW 3.60 M33をインストール
「L+R+△ボタン」を押すと、CFW 3.60 M33をアンインストールしFW3.60に
「□ボタン」を押すと、NANDflashをダンプしメモリースティックに保存(66MB程度)
そこで、「×」ボタンを押して、CFW 3.60M33をインストールします。インストールには少し時間がかかります。完了したら電源は自動で落ちます。

手順5 あとは手動で電源をつけて、本体情報(XMB→設定→本体設定→本体情報)より、バージョンアップが確認できます。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノア〆

管理人:ノア〆



現在の閲覧者数:

パソコン初心者にも分かるように詳しく解説を入れていきたいと思っています。
誤字脱字、分かりにくい所、リンク切れなどは指摘をお願いします。
更新は不定期ですm(_ _)m
相互リンクについてはこちら

カテゴリー
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
スポンサーリンク
PSP関連
3DS関連
Amazon人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。