アクセス解析
Windowsネット CFW 3.52 M33導入
Windowsのソフトやゲーム機器を活用できる方法をご紹介♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CFW 3.52 M33導入

チームM33のカスタムファームウェアのバージョンアップがされました。(`・ω・´)
m33.png

~変更点~
・公式ファームウェア3.52対応
・M33 No-UMDのバグ修正
・GAMEモードでのGo!Cam、GPSとsceKernelLoadExecVSHの動作関係のバグ修正
・PSNのPSXゲームが動作しなかった問題の修正
~用意するもの~
・FW1.50のPSPまたはCFWのPSP
・ACアダプタ(充電器)
CFW 3.52 M33
FW1.50のアップデータ(EBOOT.PBP)
FW3.52 のアップデータ(EBOOT.PBP)

~パッチを当てる(PSP FW1.50の方のみ)~

手順1 「CFW 3.52 M33」をダウンロードして、展開します。
「kxploitpatcher」(1.50only/kxploitpatcher)
「kxploitpatcher%」(1.50only/kxploitpatcher%)
をPSPの「GAME」フォルダ(ms0:/PSP/GAME)に転送してください。
game.jpg

手順2 PSPを立ち上げて、XMB(クロスメディアバー)ゲーム項目の「メモリースティック」から「KXploit Permanent Patcher」を起動します。

手順3 起動したら「×」ボタン押して、でパッチを当ててください。終わったら「Done.」と出るので、「×」ボタンで終了します。

~DATA.DXARの作成~

手順1 「CFW 3.52 M33」をダウンロードして、展開します。
「M33CREATOR」フォルダ(M33CREATOR)をPSPの「GAME150」フォルダ(ms0:/PSP/GAME150)に転送してください。
game150.jpg

※PSP FW1.50の場合は「GAME」フォルダ(ms0:/PSP/GAME)に転送します。
game.jpg

手順2 FW1.50とFW3.52のアップデータ「EBOOT.PBP」をそれぞれ「150.PBP」「352.PBP」にリネームして、「M33CREATOR」フォルダ(ms0:/PSP/GAME150/M33CREATOR)に転送します。
ebootpbp.jpg

※PSP FW1.50の場合のフォルダ位置は「ms0:/PSP/GAME/M33CREATOR」。

手順3 PSPを立ち上げてXMB、ゲーム項目の「メモリースティック」から「3.52 M33 CREATOR」を起動します。

手順4 起動したら自動的に「DATA.DXAR」の作成が始まります。終わったら「Done.」と表示されるので、「×」ボタンで終了してください。

~カスタムファームウェア 3.52 M33インストール~

手順1 PSPのバッテリー75%以上とACアダプタの接続を確認してください。
※これができていないと、うまくインストールされません。

手順2 「DATA.DXAR」の作成が終わると、XMBゲーム項目の「メモリースティック」に「3.52 M33UPDATE」が追加されていると思うので起動します。

手順3 起動したら「R」ボタンでキャンセル、「×」ボタンでインストール開始されます。

手順4 しばらくすると、アップデート終わるので、終わったら「×」ボタンを押しPSPの電源を切ります。

手順5 PSPを起動して、本体情報(XMB→設定→本体設定→本体情報)より、バージョンアップが確認できます。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノア〆

管理人:ノア〆



現在の閲覧者数:

パソコン初心者にも分かるように詳しく解説を入れていきたいと思っています。
誤字脱字、分かりにくい所、リンク切れなどは指摘をお願いします。
更新は不定期ですm(_ _)m
相互リンクについてはこちら

カテゴリー
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
スポンサーリンク
PSP関連
3DS関連
Amazon人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。