アクセス解析
Windowsネット CFW3.52 M33-3導入
Windowsのソフトやゲーム機器を活用できる方法をご紹介♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CFW3.52 M33-3導入

今回のバージョンアップで、UMDビデオの「ISO」の対応や、XMBから表示できる「VSH MENU」の追加や、XMBからのUSB接続でUMD、Flash0などに接続可能などなど、大幅な機能改善がされました。(`・ω・´)
m33.png


~変更点~
・変更可能CPUクロック周波数に「75MHz」と「133MHz」を追加
・flash2/flash3へアクセス可能
・XMBからのUSB接続でメモステ以外の場所の追加(メモステに接続、Flash1に接続、UMDに接続といった具合)
・XMBから「HOME」ボタンで「VSH MENU」を表示。
・「VSH MENU」の有効、無効をリカバリーモードで設定可能
・UMDビデオの「ISO」をサポート。
・UMDビデオの「ISO」は「VSH MENU」を使用します。
・UMDビデオの「ISO」は「ms0:/ISO/VIDEO」フォルダに入れます。
・UMDビデオの「ISO」には、NO-UMDモードが働いていないのでUMDを入れておく必要があります。

~popsloader関係~
・FW3.30をサポート
・3.30のセーブデータとそれ以降のバージョンのセーブデータでは互換性がありません。
・セーブデータが3.40+からであれば、エミュレーターはフリーズします。

※「VSH MENU」とUMDビデオの「ISO」の使用法に関する注意・インターネットブラウザが有効な時「VSH MENU」は表示できません。
・UMDビデオの「ISO」とゲームの「ISO」は同じコアを使用していますので、ゲームメニューでUMDビデオの「ISO」がマウントされたなら、他の「ISO」は自動的にマウントされません。
・「cso」形式のファイルは、UMDビデオの「ISO」のためサポートされません。
・UMDオーディオの「ISO」は理論上できるがテストしていません。
・UMDオーディオの「ISO」は「ms0:/ISO/VIDEO」フォルダに置いてください。

~用意するもの~
・CFW 3.52 M33を導入済みのPSP
Custom Firmware 3.52 M33 Update #3

手順1 「Custom Firmware 3.52 M33 Update #3」をダウンロードして解凍します。そしたら中にある「M33Update3」フォルダ(/PSP/GAME150/M33Update3)をPSPの「GAME150」フォルダ(ms0:/PSP/GAME150)へ転送してください。
game150.jpg

手順2 PSPを立ち上げてXMB(クロスメディアバー)の、ゲーム項目の「メモリースティック」から「M33 update」を起動します。

手順3 起動したら「×」ボタンを押して、アップデートが開始されます。

手順4 アップデートが終わったら、「×」ボタンを押して電源を切ってください。

手順5 あとは手動で電源を入れて、本体情報より、バージョンアップが確認できます。

※今回のアップデートで追加された、「UMD吸出し」のやり方は、こちらを参考にしてください。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ノア〆

管理人:ノア〆



現在の閲覧者数:

パソコン初心者にも分かるように詳しく解説を入れていきたいと思っています。
誤字脱字、分かりにくい所、リンク切れなどは指摘をお願いします。
更新は不定期ですm(_ _)m
相互リンクについてはこちら

カテゴリー
ブログ内検索
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

最近の記事
最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
スポンサーリンク
PSP関連
3DS関連
Amazon人気商品
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。